« 銀行。請求書を届ける。歩いて帰宅しつつ桜を楽しむ。「ひよっこ」のラジオ基板 | トップページ | 本棚のラジオを透明プラケースに移動。ラジオのTR-72を楽しむ。ハンディカムのTR-850に悩む »

2017/04/05

徹夜明け。貴重なTR-819の元箱と父の思い出。体重減った。散歩せず

徹夜したので起床は遅い。12時ぐらい。

ソニーラジオTR-819の箱が届いた。梱包が丁寧で好感が持てる。段ボールの外箱もあるのは貴重品だ。付属品のポケットは空っぽだった。所有しているラジオは、TR-819黒(ケース割れ)、TR-819X赤、TR-819X黒(ボリューム摩耗)、の3台である。
ラジオ工房さんによると、
TR-819 昭和37(1962)年4月発売 11,000円
TR-819X 昭和37(1962)年6月発売 12,200円
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/tr-radio1/sony.html
父のラジオを思い出す。TR-819X黒だった。いつも茶色の革ケースに入って、父のたんすにしまってあった。他にもニコンF2(のちニコンELに替えられた)とかフジカの8ミリカメラとかあった。懐かしい気持ちになる。
どうかずっと元気でいてください。

体重が減ったことを確認した。理由はよくわからないが、昨日の歩数によるものだろうか。

子供が部活から帰宅。どこかへ食事に行こうかと思ったが、弁当でいいという。隣のスーパーの麻婆丼である。彼もすっかりこれのファンになったようだ。

どこにも散歩しないまま、夜になった。

数日前にドラゴン桜を読了して東大生クイズ王の動画を一通り見た後の現在は、DVDに保存したアニメ宇宙兄弟を見ている。子供と一緒に成長したい。

歩数たったの1159。駄目だこれは。

|

« 銀行。請求書を届ける。歩いて帰宅しつつ桜を楽しむ。「ひよっこ」のラジオ基板 | トップページ | 本棚のラジオを透明プラケースに移動。ラジオのTR-72を楽しむ。ハンディカムのTR-850に悩む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀行。請求書を届ける。歩いて帰宅しつつ桜を楽しむ。「ひよっこ」のラジオ基板 | トップページ | 本棚のラジオを透明プラケースに移動。ラジオのTR-72を楽しむ。ハンディカムのTR-850に悩む »