« iPhone 6sバッテリーリコールに出してみる。Apple Store銀座。ロッテリアのフリーWi-Fi。DeskMini110のCPUファンをSilentにしたらファン音がなくなった | トップページ | 散歩できず。Shuttle X27Dは健在、HDD500GBをSSD40GBに交換 »

2017/04/25

火曜日。パナファコムLkit-16元箱入り。DG-STK3が我が家最初のWindows 10 Creators Update。さっそく問題があり互換性のトラブルシューティングが役立つ。更新のアクティブ時間が最大18時間に拡大されていた

9時起床。まともな生活に戻ってきた。

気になるオークション

パナファコムLkit-16元箱入り。初めて見た。フリーエリアにちょこっと配線してある。
Lkit161704251

Lkit161704252

Lkit161704253

三和テスター、見てみると最低価格が上がっていた。
1906円 → 1351円 → 1640円
Sanwayx361trs

夜。ふとDG-STK3にVNC接続してみると、なんだか様子がおかしい。Windowsを大型アップデートしているときの最終段階のようで、Windows 10 Creators Updateが適用されたのだとすぐわかった。ログオン画面になり、ログオンすると問題なく成功していた。

監視ツールを起動すると、どうもおかしい。設定が全部初期化されているのだ。これはWindows 10 Creators Updateのしわざかもしれないが、そうではないかもしれない。
困ったことになったな。設定は思い出せるが、大丈夫なのだろうか。設定してみると、アプリ立ち上げ直すとまた初期化されている。
アプリのショートカットを右クリックして、互換性のトラブルシューティングを起動した。ガイドに従う。Windowx XP SP3にしたから試せという。やってみるとうまく動作しているようだ。
マイクロソフトのこうしたツールでも役立つことがあるのだと認識を新たにした。

更新のアクティブ時間が最大12時間から最大18時間に拡大されていた。これは一日にPCを使わない時間は睡眠の6時間だけ、という実情に合うと思った。

歩数2794。

|

« iPhone 6sバッテリーリコールに出してみる。Apple Store銀座。ロッテリアのフリーWi-Fi。DeskMini110のCPUファンをSilentにしたらファン音がなくなった | トップページ | 散歩できず。Shuttle X27Dは健在、HDD500GBをSSD40GBに交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone 6sバッテリーリコールに出してみる。Apple Store銀座。ロッテリアのフリーWi-Fi。DeskMini110のCPUファンをSilentにしたらファン音がなくなった | トップページ | 散歩できず。Shuttle X27Dは健在、HDD500GBをSSD40GBに交換 »