« ニッコール24-85mmを落札 | トップページ | リュックと肩掛け貴重品の組み合わせは危険。最近の自室コンピュータ環境 »

2017/02/19

iPhoneをiCloudバックアップから呼び戻した

自分にとっては早起き。バスで日曜日の教室。無事終了。

ノートPCを買ってもらえることになっており、DELL Inspiron 11 3000をオンライン注文した。

バスで戻り、パン喫茶で休む。ふとiPhoneを見ると、金銭出納帳のアプリがない。それ以外にも無くなっているものがある。どうしたことだ?ポケットに入っている間に誤操作してアプリを重ねてグループ化してしまったのだろうか。いやそうではない。削除されている。誰かにいじられたのだろうか。テザリング開始してからしばらくはどうなっていたのか把握できていないことに気づいた。

金銭出納帳のアプリを再ダウンロードして見ると、データは空っぽである。iCloudにバックアップしているはず。最新のものは今朝5時のものである。これに戻すしかなさそうだ。

用心してWi-FiをOFFにしてから帰宅した。落ち着いてMacBook Proにバックアップを取った。

このサポート情報を頼りに、やってみる。
https://support.apple.com/kb/ph12521?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

「すべてのコンテンツと設定を消去」は怖い。しかしやるしかない。iPhoneは初期化された。

「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」をタップし、iCloudにサインイン。
「バックアップを選択」を開き、iCloudで使用可能なバックアップのリストから選択。

そして待つ。
アイコンがたくさん復元された。そうそう、このアイコン並びだったよ。
グレーのアプリが再ダウンロードされて行くのを見守る。そして支出管理アプリがグレーアイコンから正常アイコンに変化した。タップしてみると、2012年からこれまでのデータが全て戻っていた。

ありがとう!iCloudバックアップ。やっておいてよかった。

|

« ニッコール24-85mmを落札 | トップページ | リュックと肩掛け貴重品の組み合わせは危険。最近の自室コンピュータ環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニッコール24-85mmを落札 | トップページ | リュックと肩掛け貴重品の組み合わせは危険。最近の自室コンピュータ環境 »