« ナショナル KX-33Bとは | トップページ | 金曜日 WordPress学習中 »

2014/04/03

KODAK DCS760 デジタルカメラになったNikon F5

落札してしまった。どうしよう。

KODAK DCS760 (Base camera Nikon F5)
Dcs7601s

Dcs7602s

Dcs7603s

Dcs7604s

Dcs7605s

発送先は米国のみ、日本へはダメだと後になって知った。しかしBongoのアカウントを持っているので、ついに利用するときが来たか、と考えた。

KODAKのページ
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/professional/products/cameras/dcs760/index.shtml

このページはいずれ失われるだろうから、下記に画像のハードコピーとテキストを記載しておく。

Dcs760kodak

コダック プロフェッショナル DCS 760 デジタルカメラ
600万画素 一眼レフデジタルカメラの頂点
DCS 760

・1.5コマ/秒の撮影間隔で最大24コマ連続撮影
・ISO感度設定80~400相当のフレキシビリティー
・見開き広告や16×20インチのプリントに充分な解像力
・プロ仕様の本格派、ニコン『F5』ボディー
・多機能大型液晶カラーモニターを搭載
・DCSの最高画質を引き出す専用ソフトウェア

DCS760は、ISO80~400相当の感度を自由に設定できるニコンF5ベースの600万画素デジタルカメラです。PCカードに画像が保存されるのを待つことなく、1.5コマ/秒の撮影間隔で最大24コマの連続撮影が可能です。ブルー プラス テクノロジーを採用した600万画素ITOセンサー*1 を搭載し、見開き広告や16×20インチのプリントに充分な解像力を誇ります。

大型化されたボディー背面のLCDディスプレイは、1:1 ズーム フォーカスチェック機能やグレースケールメーターなどプロのための新機能をグラフィカルに提供します。
DCS760で撮影された画像は、専用のアプリケーションソフト 『コダック プロフェッショナル DCS フォトデスク』 と 『コダック プロフェッショナル DCS カメラマネージャー』 によってパソコンへの取り込みや編集を行います。

*1 ITOセンサー : ポリシリコン素材に代えてIndium Tin Oxide(ITO:酸化インジウムスズ)を使用したコダック オリジナルのCCDセンサー。ポリシリコンは、短波長域の光成分を吸収するために十分な青感度が得られないという特性があったが、ITOを使用することで従来の約2.5倍の青感度が得られるようになった。

Dcs760spec

型式
 一眼レフレックス電子制御式フォーカル プレーン シャッター オートフォーカス デジタルカメラ、36bitフルカラー(RGB各色12bit)、ワンショットタイプ
レンズマウント
 ニコンFマウント
使用レンズ
 ニコンFマウントレンズ
レンズ焦点距離
 レンズ表記焦点距離の約1.3倍(35mmフィルム換算)
ファインダー
 WYSIWYGビューファインダー 一眼レフフレックスタイプ
レンズサーボ
 シングルAFサーボ、コンティニュアスAFサーボおよびマニュアルフォーカス
フォーカスエリア
 5ヵ所のフォーカスエリアの中から1ヵ所を選択可能
AFエリアモード
 シングルエリアAFモード、ダイナミックAFモード
測光方式
 3D-RGBマルチパターン測光、中央部重点測光、スポット測光
シャッタースピード
 30~1/8,000秒およびバルブ、X同調最高速度 1/250秒
連続撮影
 最大連写可能コマ数:24コマ、連写スピード:約1.5コマ/秒
スピードライト コントロール
 ニコン スピードライト SB-28DXとの組合せで、AA(絞り連動自動調光)モード、マニュアルモード、外部自動調光モードが使用可能
撮像素子
 27.6mm×18.4mm 正方600万画素 ITO CCD(有効画素数:水平 3,032×垂直 2,008画素 / アスペクト比3:2)感度ISO80~400相当
A/D変換
 36bitフルカラー(RGB各色12ビット)
記録メディア
 PCMCIA-ATA規格準拠、Type、またはのPCカード
記録フォーマット
 TIFFカスタム(Lossless圧縮Raw Data)TIFF-RGB
ファイルサイズ
 PCカード記録時約6MB(TIFFカスタム)、取込時約18MB(8bit)または36MB(12bit)
記録可能枚数
 約80コマ(260MBのPCカード2枚使用時で概算)
音声録音
 内蔵マイクにより任意コマに可能
外部インターフェース
 IEEE1394、PCMCIA Type II×2基
ドライバーソフトウエア
 DCS Photo Desk (Macintosh / Windows)
 DCS Camera Manager (Macintosh / Windows)
カラーモニター
 2インチTFT液晶カラーモニター ビルトインタイプ
内蔵フィルター
 IRフィルター(赤外線カットフィルター)
電源
 交換式Ni-MH充電池(フル充電時連続約300コマ撮影可能)ACアダプターによるAC駆動(Ni-MH充電池充電器はACおよびカーバッテリー アダプターによる駆動が可能)
AC電源条件
 95~250V / 47~63Hz
外形寸法
 約158mm(W)×194mm(H)×88mm(D)
重量
 約1,580g (ボディのみ、電池、レンズ、PCカードを除く)

* 仕様は予告なく変更になる場合があります。

|

« ナショナル KX-33Bとは | トップページ | 金曜日 WordPress学習中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25140/59407932

この記事へのトラックバック一覧です: KODAK DCS760 デジタルカメラになったNikon F5:

« ナショナル KX-33Bとは | トップページ | 金曜日 WordPress学習中 »