« SSD交換作業 バドミントン パン喫茶 デジタルカメラDCS760都内へ | トップページ | CentOS 5.5をCentOS 6.5に変えたらSSH中継がWrite failed: Broken pipeして止まる »

2014/04/14

KODAK DCS760が来た バッテリーも注文

玄関のチャイムを鳴らす人が。荷物はハードディスクかと思ったら、デジタルカメラだった。

カメラバッグに入っているのだけれど、全体がせっけん香料のようなミントのような匂いがする。アメリカから物を買うとこういうことがきわめて多い。

カメラバッグには、カメラ本体、充電器、ACアダプタなどが全部入っていた。カメラのメインスイッチをONすると電源が入らない。バッテリを抜いて充電器に入れると、黄色の点滅。これは何を意味する?充電中なのか充電できないエラーなのか。

夕方、Facebookに投稿。
Img_0575s
レンズは手持ちで唯一の対応レンズ、AF80-200 F2.8D、旧バージョンの直進ズーム

やっぱりバッテリが気になり、検索すると、殻割りして中の単体を個別に充電して復活したという記事があった。しかしノートPCの殻割りで苦労したことがあるし、貴重なカメラなのでやりたくない。復活するとしても古い物だから能力的に限定的だろう。

互換バッテリがまだ作られているようなので、安いイギリスに注文してしまった。無駄遣いが無駄遣いを生む連鎖。早く来ないかな。
Dcs_battery_2

このバッテリ、純正品は当時3万円もしたそうである。

|

« SSD交換作業 バドミントン パン喫茶 デジタルカメラDCS760都内へ | トップページ | CentOS 5.5をCentOS 6.5に変えたらSSH中継がWrite failed: Broken pipeして止まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25140/59470293

この記事へのトラックバック一覧です: KODAK DCS760が来た バッテリーも注文:

« SSD交換作業 バドミントン パン喫茶 デジタルカメラDCS760都内へ | トップページ | CentOS 5.5をCentOS 6.5に変えたらSSH中継がWrite failed: Broken pipeして止まる »