« 韓国の怪しいメール | トップページ | 秋葉原 ADATA SSD 64GB Aitendo 6石ラジオのジャックをモノラル化する »

2014/04/11

バドミントンを3カ所で 真空管アンプ製作者 ペキニエのパワーリザーブ計 KODAK DCS760オークランドへ

子供が帰宅して、またバドミントンをやりに出掛けた。
初めは近所の公園だったが、障害物が多くてやりにくい。
次にいつもの大学へ行った。そこで暗くなり、帰ることにした。
来た道とは違う道での帰り道、照明された公園を見つけた。そこでまた打ち合った。
帰宅してぐったり。頑張りすぎた。
夕食後に眠くて、人生ゲームやろうの誘いも断って、ソファですぐに寝てしまった。

佐久間駿(さくますすむ)さんという真空管アンプ製作者のことを知った。

またオーディオを始めたい。いつもリビングで待機してくれているのだから。

ペキニエの腕時計をフル巻きしてみた。ずっと避けてきたのだが、やってみよう。
パワーリザーブ計は72時間の下"I"の文字まで上がる。さらに30回、巻き上げてみた。香箱の中でぜんまい外端が滑っているとは思うのだが、耳に当てて巻いても、チュッと言う音は聞こえなかった。
時計が止まった時に、パワーリザーブ計が0時間付近ではなく、ちゃんと下がりきってマイナス16時間を指せばよいのであるが、どうだろうか。

KODAK DCS760 Nikon F5ベース600万画素デジタルカメラはテキサスから出発してロサンゼルスに到着したあと、サンフランシスコのオークランドに今あるらしい。日本へは直行便で来るだろう。
Bongotrack140412

|

« 韓国の怪しいメール | トップページ | 秋葉原 ADATA SSD 64GB Aitendo 6石ラジオのジャックをモノラル化する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25140/59453727

この記事へのトラックバック一覧です: バドミントンを3カ所で 真空管アンプ製作者 ペキニエのパワーリザーブ計 KODAK DCS760オークランドへ:

« 韓国の怪しいメール | トップページ | 秋葉原 ADATA SSD 64GB Aitendo 6石ラジオのジャックをモノラル化する »