« 親戚宅 ビール飲んでピザとパスタ | トップページ | 新生銀行の2週間定期 »

2010/07/04

ゲゲゲの鬼太郎 悪魔ブエル 妖怪やかんづる を何十年ぶりに見た

思い立って、ゲゲゲの鬼太郎で妖怪やかんづるの出てくる回を見ることに決めた。この話は長年の間トラウマになっていて、非常に恐ろしいものとして記憶している。それを見ることで、トラウマを解消したい。いや、単にどんなものだったかを確認したい。

ゲゲゲの鬼太郎の第二集(1970年代)、悪魔ブエルの会であることは調査済みだ。東映アニメーションに会員登録して、見放題を購入。そしてリビングの46インチモニタにVAIO Zを接続し、ダウンロードして視聴した。

・・・

子供と見終わった。やかんづるの姿と音、猫娘のナレーションでやかんづるが人間や街を吸い込んでしまう描写がトラウマ恐怖の核心だった。確かに怖い。しかし今見てもさほどのものではない。子供のときとは感受性が違う。

思い違いしていたのは、やかんづるは街へ出て行かなかったのか。

朝食 なし
昼食 私が作ったラーメン
夕食 まぜご飯、メンチカツ、イカフライ

|

« 親戚宅 ビール飲んでピザとパスタ | トップページ | 新生銀行の2週間定期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25140/48797334

この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの鬼太郎 悪魔ブエル 妖怪やかんづる を何十年ぶりに見た:

« 親戚宅 ビール飲んでピザとパスタ | トップページ | 新生銀行の2週間定期 »